安全と品質を「一元化と見える化」で実現します。

道路工事・電線共同溝工事・電気通信工事における高品質と安全性を、柴電の4つの「一元化と見える化」で実現します。当社の中央オフィスは設計・施工・電子納品までの書類業務を一括処理し、中央管制は現場の状況をリアルタイムに把握し、進行やコスト管理を行い、安全性と経済性を両立する次元の高い工事サービスを実現いたします。

管理の一元化&見える化

設計・管理、現場施工から完成図書、電子納品まで
すべて一社で対応。

元請け様からのご発注を、管理会社を通さず工務委託もせず、すべて当社で行います。設計管理から現場作業までトータルに行うことで、工期の無駄、コストの無駄を抑えるとともに、管理体制の強化を実現し、より安全でより品質の高い工事を可能にします。

業務の一元化&見える化

時間・業務管理による安全性と経済性の追求。

現場作業の計画とスケジュールは、各班のエンジニアによって毎日作成され、リアルタイムで更新されます。作成された戦略図とタイムスケジュールは、すべての作業員で共有する工事の要です。常に作業の計画と現状が見える見通しのよい環境が、業務の一元化、チームの一体化を実現します。

人の一元化&見える化

信じあう、支えあう、人材づくりでヒューマンエラーの撲滅。

事故の多くは、ヒューマンエラーによっておこります。これを未然に防ぐために、当社は"人"にこだわり、エンジニアの育成に尽力しております。一貫した教育と情報システムで、設計・管理要員から現場作業員まで徹底して意思統一を図り、すべての業務に対して、画一化された技術力と一致団結したチームワークで挑みます。

情報の一元化&見える化

クラウドによる情報システムの構築。

元請け様のご要望に迅速にお応えするために、当社では中央オフィスとクラウド情報システムを導入しています。現場の今を、コストの現状を、いつでも確認していただける体制が整っています。常に情報を共有することで、より高度なニーズの具現化と、強固な信頼関係づくりを実現します。

一社総括を実現するS-CMSはこちら